MENU

にきびと口コミ

 

最近はインターネットも普及していますから、にきびの改善方法や、にきびに効果のある薬、にきび用の化粧品などの口コミをネット上で検索して読むことが出来るようになりました。口コミというのは、同じじきびに悩んでいる人が実際に使ったものを評価するというものですから、かなり宣伝広告を読むよりも効果があるといってもいいかもしれませんね。宣伝広告などはいいことだけを書いていますから、それを使った人が書いているわけではないので、実際にはどうなんだろうと、もっと詳しいことまで知りたいと思っている人も多いと思いますが、口コミになると、実際に使った人、効果があったことなどを書いていますから、かなり参考になると思います。
とはいっても、にきびの症状などは人それぞれ違っていますし、体質などもありますから、必ずしも口コミでの方法が一番効果があるとは言い切れないのであくまでも参考にするという形になりますが、にきびで悩んでいる人は、にきびの口コミを読んでみるというのが参考になると思いますからいいと思います。
例えばにきび治療に効果があった皮膚科、にきび治療薬の口コミ、にきび跡の効果のあること、にきび改善の方法などの口コミを読むと、いろいろと参考になるのではないでしょうか。

にきびと抗生物質

 

にきびが出来てそれを治療しようと思って抗生物質を飲んだり塗ったりする人がいますが、実はそれはにきびを長期化させたり、また出来やすい環境にさせる原因とも言われています。抗生物質というのは体に副作用を起こします。にきびが出来たからと言って、抗生物質を飲むというのはできる限り避けたいことです。もしもにきび治療に抗生物質を飲むことになったとしてもできるだけ短期間での服用にして、長期間飲み続けることのないようにしましょう。
抗生物質が効かないにきびもありますから、できるだけ抗生物質の服用は避けるべきです。今までににきびが出来て抗生物質を飲んでいたという人は、やめることによって、治りが遅くなることも言われています。自然治癒に比べると2倍以上も時間がかかることもあります。抗生物質をやめるとリバウンドしてまたにきびが出来やすくなったり、場合によっては異常な数のにきびが出来るということもありますから中王いしましょう。
抗生物質を長い期間のんていた人が突然やめて、にきびを治療するという場合には、リバウンドしやすいので長い目で見ると抗生物質を飲んだり塗ったりしてにきびを治療するというのは、あまりいい方法ではないといえます。

にきびと洗顔

 

にきびである人は洗顔はほかの人よりもしっかりと行った方がいいでしょう。にきび洗顔と呼ばれる洗顔方法もありますから、にきびの人というのは、人一倍洗顔には気を使いましょう。たとえば皮脂の分泌が活発だったり、毛穴が詰まっていたりすると、にきびというのはできやすいと思いますから、洗顔で皮膚の状態を清潔に保つ必要があるのです。そのためにはにきびの原因をきちんと理解したうえで、自分のにきびと、肌の状態を考えて洗顔をしなければなりません。洗顔の回数をただ増やすだけがいいのではなく、洗顔の方法、洗顔料をどうするのかということまでしっかりと選ばなくてはいけません。
にきび肌の人が洗顔料を選ぶ場合には、スクラブや、肌にきついタイプのもの、皮脂を取り過ぎるタイプのものは避けた方がいいですね。洗顔剤を使った後に肌のバリアがとれてしまうとにきびになりやすいのです。にきび用の洗顔料も今はたくさん販売されていますから、肌に優しくて、肌を傷つけないような洗顔料を選ぶのがいいでしょう。一番の理想は洗いすぎず、それでいて清潔を保つということです。肌には常に適度に皮脂を残しながら清潔を保つことがにきびにとっては一番いい状態で正しい洗顔になります。